« りにゅーある | トップページ | 13階段 »

2006/11/05

姑獲鳥の夏

<2>

邦画は映画館で滅多に見ないので、前からなーんとなく気にはなっていた姑獲鳥の夏をDVDで見ました。

民話をうまく使ってうまくまとめられたストーリーだとは思うのですが、ちょっと撮り方が幼稚っぽいというか、見せ方が不親切というか・・・好みではなかったです。

この作品の撮り方ってどことなくアニメっぽいというか、例えば庵野さんのエヴァンゲリオンや押井さんのイノセンスに似てる感じで、アニメだとまだ受け入れやすいのですが、実写だとちょっとうるさいって感じるんですよね。

勿論、これは私の好みの問題で、きっとこういう撮り方でこの映画の効果を感じ取る人もいるでしょう。タイトルの姑獲鳥もそうですが、映画の中に水木しげるさんが出てきたりして、ミステリーと妖怪モノの間を意識した作品なんだと思います。

ミステリーを期待した私にとっては少し期待はずれだったかなぁ・・・ってだけのことです。

|

« りにゅーある | トップページ | 13階段 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193643/12571597

この記事へのトラックバック一覧です: 姑獲鳥の夏:

» 昔話 [食わず女房]
民話 [続きを読む]

受信: 2006/11/08 10:40

« りにゅーある | トップページ | 13階段 »