トップページ | 2006年12月 »

2006/11/29

毒舌な日々

ぷう猫の毒舌は、ブログネタにすらできないほどです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/27

トレジャーアイランド

<3>

試しに借りてみたら、超B級でした。

B級としてはまぁいいですかね。よくできたTVドラマみたいな感じでした。

せっかくB級ならもっとかっとんで欲しいと思うのは、Galaxy QuestのB級ぶりをこよなく愛してしまっているからでしょうか^^;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/26

スペーストラベラーズ

<6>

なかなか馬鹿馬鹿しい展開がいけてます。「踊る~」ネタ満載で、踊るファンにもたまらないでしょうねぇ。

最後に出てくるみんなの記念写真の

2Fにいないはずの人が写ってるように見える

のは・・・私だけ(・_・?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/24

若さ。

りんごをかじっても、歯ぐきから血は出ません。V(^o^)

Apple

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/23

映画ばっか・・・

他に趣味がないってわけじゃないのに、ブログネタは映画ばっか・・・。

ま、ちゃんと感想を記録に残そうとしてみてる映画のコメントしてるだけなんだけど、読み返してみると映画しかないじゃん。

他に何か最近はまってるものないかなぁ~と考えてみつつ、

・整体

のだめカンタービレ

・ブログのデザインをいじる

眞鍋かをりのブログ(最初はブログのデザインを参考にしてたんだが・・・)

ん~、なんともさびしい毎日。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/11/20

ドリームキャッチャー

<6>

レッド・ドラゴンと好対照ですが、どうしても古い考え方なのかミステリー系に求めるのはこういう方向性ではないんですよね。

でも、スティーブン・キングのホラーはハズレだっていう話がよくありますが、本作Dreamcatcherは決してそんなことはありません。モーガン・フリーマンの使い方がもったいなぃと思いますけど、なかなか良くできたストーリーです。

それと、驚きがDVDの特典映像にスティーブン・キング本人のコメンタリーがあったこと。初めて本人がしゃべってるところを見ました^^。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スパイダーマン2

<4>

映像はすごいです。キルスティン・ダンストがぶざいくなのか美人なのか、いつも悩んでしまいます。整ってるってわけじゃないけど、魅力的な表情をするんですよね。

ストーリーは・・・に期待しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/19

レッド・ドラゴン

<7>

やっぱりハンニバルものはすごいですねぇ。牢屋の奥にいすが置いてあるだけでビビビとしびれます(^^。

キャラクター設定もすごいし、役者もすばらしいです。

ミステリー系はやっぱり、超常現象よりもこういうやつの方が好き。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/11/16

ファイナル・デスティネーション

<4>

原題はまんまのFinal Destination。2も3も出てます。

レンタルビデオ屋のお薦めコーナーにあったんですが、以前アメリカに住んでたときにテレビで見た記憶がかすかにあったので借りてみました。

のっけからホラー色満点。キャストもSaving SilvermanのAmanda Detmerとか、エボリューションSeann William Scottとか、ともかくB級色も満点。

DVDには「もうひとつのエンディング」もあったりしますけど、「あまり難しくて悩む話は嫌いなミステリー好き」には結構お薦めかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フォーガットン

<3>

原題はThe Forgotten

んー、10年くらい前からこの手のストーリーが出てきてる気がします。正直、きびしぃ感じではありますが、実は飛行機の中で1回見たので今度が2回目。わざわざ借りて2回見るくらいにどこか心惹かれるものがあるのは確かです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/14

紅葉@韓国

今年は紅葉を見に行けそうになかったんですが、帰りの空港に向かう途中でたまたま立ち寄ったところで紅葉を見かけたのでパチリ。

Koreanredleaves1

Koreanredleaves2

天下大将軍・・・。

ちなみに隣のトーテムポールは地下大将軍でした。

しょ、将軍様???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/12

豚の焼肉

ひさびさの韓国と言っても一泊なので、晩御飯は今日しか食べないのですが、なかなか食べられないものは何かな~と考えて、豚の焼肉にしてみました。

韓国で焼肉と言えば当然牛ですが、実は豚専門(?)の焼肉屋もあるらしくて、そこに行ってみようということになったわけです。行ったのはコチラ(バナーがすごいので要注意)。

鉄板を少し傾けて、下流にまず最初にたっぷりキムチを乗っけます。上流には豚肉をがっつり並べまして、焼いている間に出てくる肉汁がキムチにかかっていき、豚キムチになるという具合なのだそうな。

Porkbefore

これが焼く前。間にあるのはキノコとじゃがいも。

さて、焼けたら牛と同じではさみで切っていきます。サンチェやエゴマ(香草っぽい葉っぱ)で包むのは普通ですが、ここの店では黄色いお餅や大根でも包んで食べます。エゴマは名前は知ってましたが食べるのは初めてで、見た目がいかにも”葉っぱ”なのでちょっと抵抗がありましたけど、食べると香草のすっとした感じが肉の脂っぽさを包んでなかなかいい感じでした。

Porkafter

これが完成。うまそ~

で、ビールは韓国三大ブランドの一つ、Hite。アメリカビールよりもさらに甘くて軽い感じ。でもそこそこ回りました。

Hitebeer

で、ここまでくれば仕上げは冷麺。今回は普通の「素麺」と銘打たれたものですが、中身はコチュジャンとお酢を薄くお湯にのばして氷を入れて冷やしたようなスープ(他の味もあったような気がするけど、私の舌では分かりませんでした^^;)、中に日本と同じ白い素麺と具を乗っけてなかなかあっさりおいしかったです。冷麺も結構好きなんですが、これもなかなかのものでした。

Soumen

食後は、江南大路を歩いてホテルまで帰ったんですが、いやぁほんと日本の繁華街みたいな感じで驚きましたねぇ。「北海道おでん」なんてのもありました。江南は川の南側で昔はビジネス街っぽかったと思うのですが、今は新しいフランチャイズ店がこの江南エリアに必ず来るらしく、日本でいう六本木、渋谷ってイメージですかね。

・・・てな具合で、たった一晩の韓国ナイトを満喫したのですが、重要なことが一つ。

ダ、ダイエット中なのに・・・--;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひさびさに。

韓国行ってきます。

キムチ食べてきます。

他には・・・時間なさそうです。(T-T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/10

チェコと言えば・・・

ぷう猫はすっかり忘れている(というより興味がなかった)ようですが、チェコと言えばピルスナービール(ラガーの一種)とBudweiser発祥の地。

Pilsner Urquell(ピルスナーの元祖って意味)はとても飲みやすいし、なかなかデザインもいい感じ。Budweiserはてっきりアメリカのビールと思ってたけど、チェコのブランドを勝手に借用したみたいですね・・・。

ちなみにコレがお土産の空き缶です^^;。

Beers

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/11/06

メインページもりにゅーある

りにゅーあるっていうよりは単なる整理って感じですが、ワタクシのHPもすっきり整理いたしました。

すっかり放置してるサイトなもんですから、コンテンツをなるべく少なめに・・・--;;;

森イチロー復活まで、あと何日?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13階段

<6>

姑獲鳥の夏が少し物足りなかったので、13階段を急遽ビデオで借りて見ちゃいました。

ストーリーもミステリーとしてよくできているだけでなく、死刑制度をそのものを考えさせられたり、そこに関わる人たちの人生がうまく描かれていたりして、とてもいい作品でした。

但し、当たり前ですが決して明るい映画ではないので、落ち込んでるときは決して見ないよう...^^;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/05

姑獲鳥の夏

<2>

邦画は映画館で滅多に見ないので、前からなーんとなく気にはなっていた姑獲鳥の夏をDVDで見ました。

民話をうまく使ってうまくまとめられたストーリーだとは思うのですが、ちょっと撮り方が幼稚っぽいというか、見せ方が不親切というか・・・好みではなかったです。

この作品の撮り方ってどことなくアニメっぽいというか、例えば庵野さんのエヴァンゲリオンや押井さんのイノセンスに似てる感じで、アニメだとまだ受け入れやすいのですが、実写だとちょっとうるさいって感じるんですよね。

勿論、これは私の好みの問題で、きっとこういう撮り方でこの映画の効果を感じ取る人もいるでしょう。タイトルの姑獲鳥もそうですが、映画の中に水木しげるさんが出てきたりして、ミステリーと妖怪モノの間を意識した作品なんだと思います。

ミステリーを期待した私にとっては少し期待はずれだったかなぁ・・・ってだけのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/11/03

りにゅーある

放置されてるサイトでりにゅーあるもクソもないもんですが、りにゅーあるしようかなって思ってます。

ぷう猫がりにゅーあるしてるの見て触発されてるだけな気もしますが・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

トップページ | 2006年12月 »